ニジェール:オラノ傘下のウラン鉱山「閉鎖の恐れ」(鉱業相)

ニジェールのバラゼ鉱業相は5月11日、仏原子力オラノ傘下のCominak(ウラン鉱山)が「閉鎖される恐れがある」と発言した。Cominakが運営する鉱山は1978年に掘削が開始され、資源が枯渇しつつあ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。