中国コンソーシアム、トゥールーズ空港の保有株の売却でエファージュと交渉へ

中国コンソーシアムのCASIL Europeは5月14日、トゥールーズ空港運営会社の49.99%株式を、仏エファージュ(建設・コンセッション)に売却することを目指して、独占交渉を開始したと発表した。C...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。