メルセデスベンツ、2039年までに従来型エンジン自動車を終了

独自動車大手ダイムラー傘下の高級車大手メルセデスベンツは、2039年までに、新車を全面的にカーボンニュートラルにする方針を発表した。2039年の時点では、ディーゼル車やガソリン車のような従来型の内燃機...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。