IPBES報告、大量絶滅のリスクに警鐘:マクロン大統領は対策を予告

IPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学・政策プラットフォーム)は5日までパリのユネスコ本部で会合を開き、全1800ページの報告書を採択した。大規模な種の絶滅が進行していると警告、各...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。