フランス・テレコムでの従業員自殺問題の裁判が開始に

2000年代末に発生した仏通信フランス・テレコム(現オレンジ)での従業員連続自殺問題に関する裁判が5月6日に開始する。同社では、2008年から2009年にかけて従業員35名が相次いで自殺するという事態が発生したが、自殺の理由は、人員削減に向けた経営陣の組織的なモラル・ハラスメントだったと見られている。
裁判の被告は、フランス・テレコムのロンバール元CEOら元幹部7名と、法人としてのフランス・テレコム。