OECD雇用アウトルック:20年後に14%の雇用が自動化技術により消滅か

経済協力開発機構(OECD)は4月5日、雇用アウトルック2019年版を発表した。「仕事の未来」をテーマに据えて、自動化技術の雇用への影響等について検討している。
これによると、OECD加盟国全体につ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。