仏ミラマ原子力施設の一部に太陽光発電施設が設置へ

仏原子力大手オラノは4月23日、仏ミラマ原子力施設(ブッシュデュローヌ県)の一部が太陽光発電施設に転換されると発表した。西側の15.5ヘクタール分が仏Urbasolarに売却され、13MWp程度の施設...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。