仏BNPパリバ、チュニジア及びガボンからの撤退を検討

仏銀行大手BNPパリバはチュニジア及びガボンからの撤退を検討している。去る1月には、チュニジアのUBCI銀行に保有する50.1%の株式の今後に関する検討に着手。株式売却に関する予備交渉がヨルダン系のA...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。