イタリア中銀、政府によるバッシングの対象に

イタリアのポピュリズム政権はイタリア銀行(中銀)への批判を強めている。極右「同盟」を率いるサルビーニ内相(副首相)は、イタリア銀行の人事の全面的な刷新を要求。金融機関の監督の責務を果たせず、金融部門の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。