内分泌攪乱化学物質:仏国内の河川や湖には平均41種類存在(報告書)

仏環境団体のジェネラシオンフュチュールは、仏国内の河川や湖における内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)の存在に関する報告書を発表した。内分泌攪乱化学物質、またはその可能性のある物質が平均で41種類存在す...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。