世界クルーズ船業界、2030年までに温室効果ガス排出量40%削減を目標に

クルーズ船業界団体のクルーズライン国際協会(CLIA)は、2030年までに温室効果ガス排出量を40%削減することを約束したと発表した。CLIA欧州支部の責任者が4月15日に説明した。約束そのものは昨年...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。