前法王ベネディクト16世、聖職者の幼児性愛は「五月革命が原因」

カトリック教会の前法王ベネディクト16世(91)は11日、本国ドイツのキリスト教雑誌クレールスブラットに寄せた文章の中で、このところカトリック教会を揺るがせている聖職者の幼児性愛の問題について見解を表...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。