氷河の消失が顕著に

科学誌ネーチャーに発表された国際的な研究報告によると、監視下にある世界の1万9000の氷河で1961年から2016年にかけて9兆6000億トンもの氷が消失した。このうち3分の1程度がアラスカで消失した...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。