OECDの対仏経済審査:マクロン政権の改革路線を支持

経済協力開発機構(OECD)は4月9日、対仏経済審査報告書を公表した。マクロン政権が進める改革を支持しつつ、歳出削減と財政収支改善の努力が不十分だと指摘した。
報告は、マクロン政権が発足以来の2年足...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。