競争当局、薬局による医薬品販売独占の廃止を勧告

仏競争当局は4月4日に公表した医薬品販売部門に関する報告のなかで、食品小売の大規模店舗でも処方箋が不要な一般医薬品の販売を認めるよう勧告した。薬局の医薬品販売独占に終止符を打つことで、医薬品の価格は低...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。