仏国内の水力発電施設、自由化に向けて現行コンセッション契約を整理へ

仏政府は3月22日、ドルドーニュ渓谷(コレーズ、カンタル県)およびテト渓谷(ピレネーオリアンタル県)に位置する複数の水力発電施設のコンセッション契約を渓谷ごとに一つにまとめるデクレ(政令)を公布した。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。