仏ランス潮汐発電所、沈殿物の除去が問題に

4月4日付の仏レゼコー紙は、仏ランス潮汐発電所(イルエビレーヌ県)を巡る問題について報道した。同発電所はブルターニュ地方を流れるランス川の河口に約50年前に建設され、国が保有、EDFがコンセッション契...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。