ルメール経済相、企業年金の上限設置を予告

ルメール経済相は4月4日、企業年金に法的上限を設定する方針を明らかにした。現在、経営幹部に対する企業年金の支給額は、在職中の報酬の45%を上限とする旨が紳士協定により定められているが、ルメール経済相は...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。