アルジョウィギンスのサルト県工場、清算決まる

ナンテール商事裁判所は3月29日、仏国内のアルジョウィギンス社の製紙工場の今後について決定した。サルト県ベッセシュルブレ市の工場は買収者が現れず、清算が決まった。
アルジョウィギンスは仏投資会社セカ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。