コルシカ島でエトルリア人の墓所が発掘に

コルシカ島の東岸に位置するアレリア市でこのほど、エトルリア人の墓所が発掘された。紀元前4世紀頃のものと推定されている。コルシカ島でエトルリア人の遺跡が発見されるのはほぼ40年ぶり。
エトルリア人はイタリア半島の中部に発する民族で、紀元前6世紀頃に地中海世界で勢力を増した。そののち、ローマ人と同化する形で姿を消した。アレリア市の発掘現場では、最初に、紀元前3世紀から紀元3世紀までに用いられていたローマ時代の墓所が発見されたが、さらにその下層に部屋があることが判明、調べてみるとエトルリア人の墓所だった。発見されている従来のエトルリア人の墓所と同じ特徴から、紀元4世紀頃のものと考えられている。盃や鏡のような副葬品も発見された。