テクニップFMC会長の高額退職金問題:仏自主憲章の運営機関、管轄外と判断

仏米テクニップFMC(油田エンジニアリング)のピレンコ会長が退職にあたって1400万ユーロ超に達する報酬を受け取ることが明らかになり、これが仏国内で批判されている件で、仏企業ガバナンス高等評議会(HC...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。