仏国内原子炉への非常用ディーゼル電源設置、2020年に完了へ

仏電力大手EDFのサセーニュ原子力・火力発電責任者は3月20日、仏国内の原子炉56基への設置が予定される非常用ディーゼル電源について、2020年に設置が完了すると発表した。予定より2年遅れることとなる...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。