内燃機関自動車の販売停止、費用は5000億ユーロに

仏政府は2017年7月の「気候変動対策プラン」で、「2040年までに内燃機関自動車(ディーゼル車・ガソリン車)の販売を停止する」ことを目標の一つに掲げた。この目標の達成方法について、Opecst(仏国...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。