ドクトリブ、「ユニコーン」企業の仲間入り

オンライン医師予約サービスを提供する仏ドクトリブ(Doctolib)がこのほど、1億5000万ユーロの資金調達に成功した。評価額は10億ドルを超え、いわゆる「ユニコーン」企業の仲間入りを果たした。
ドクトリブは、オンラインの医師予約サイトとして発足。現在は遠隔診療のサービスも提供している。フランスの40都市余りでサービスを展開しており、ドイツにも進出済み。月間のユニークビジター数は3000万に上る。今回の資金調達では、米ファンドのジェネラルアトランティックが新たに出資、既存株主(BPIフランス、ユーラゼオ、カーネル、アクセル)も増資を引き受けた。取引後も創業者及び経営陣が過半数資本を維持するという。
ドクトリブは新たな資金を用いて、遠隔診療サービスと国際展開を強化する。同社は独仏で現在、750人を雇用しているが、3年以内でこれを2倍に増員する計画。国際展開も計画するが、進出先については明らかにしていない。
評価額10億ドル越えの「ユニコーン」企業は、フランスでは、OVH(データセンター)、BlaBlaCar(ライドシェア)、Vente-privee.com(EC)、ディーザー(音楽ストリーミング)に次いでドクトリブが5社目。