英国のEU離脱合意、本日に議会で採決

英国の議会で12日に欧州連合(EU)からの離脱合意に関する採決が行われる。これを控えてメイ首相は11日夜、仏ストラスブールで欧州委員会のユンケル委員長などのEU首脳と会談した。メイ首相はユンケル委員長との共同記者会見において、合意に関する「法的に拘束力がある変更」をEUから取り付けたと発表した。この変更は主にバックストップ(北アイルランドとアイルランド共和国の間の物理的国境の復活を回避するために英国とEUの新たな関係を定める協定が成立するまで北アイルランドを関税同盟および単一市場に残し、英国を関税同盟に残す措置)に関するもので、EUはバックストップを永久的に適用する意図をもって行動しないことを保証し、また、バックストップの適用に関して英国とEUの間で対立が生じた場合には外部の仲裁機関に訴えて調整することなどを取り決めた。
英議会は1月に離脱合意(離脱協定と政治宣言で構成されるパッケージ)を圧倒的多数で否決したが、メイ首相はこれにEUとの新たな取り決めを記した2つの文書を添えて、議会に提出し、新たな採決に挑む。
反対派は特に英国が様々な権限を失ったまま長期的にEUとの関税同盟に閉じ込められる事態を警戒している。メイ首相がEUから取り付けた保証にはこうした警戒心を解き、反対派を懐柔する狙いがあるが、労働党(最大野党)のコービン党首ははやくも、メイ首相が得た変更は議会に約束していた変更ではないと批判し、合意に反対票を投じるよう呼びかけた。
EU側ではユンケル委員長が、今回の変更が最後のチャンスであり、3度目の変更はないと警告している。