PSAのタバレスCEO、中国合弁事業の再編を検討

仏自動車大手PSAのタバレスCEOは中国事業のテコ入れを目的として、現地企業との折半出資による合弁会社の経営体制を根本的に考え直すことを検討している。3月11日付の仏ルフィガロ紙が伝えた。PSAは中国...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。