BMWとダイムラー、パリで電動キックスケーター・シェアリングを開始

独自動車大手のBMWとダイムラーは3月7日、パリで電動キックスケーターのシェアリング事業「Hive」を共同で開始した。手始めに800台を配置し、3月末までに1000台まで増やす。
パリのキックスケーター・シェアリング市場では、「Hive」が8番目の参入となる。フリーフロート方式で1日24時間の稼働を確保。1台につき24時間に1回の充電・点検を行う仕組みを整えた。航続距離は20km、最高時速は24km。料金は、1回の使用に係り1ユーロ、走行1分ごとに15ユーロセントと競合並みで、使用後にまとめて課金される。グリーン電力による充電を売り物の一つとする。