ガーナ:大統領、鉄道整備を後押し

1957年の独立以来、ガーナの歴代政権は英国植民地時代に建設された鉄道網の保全に十分な資金を投入せず、刷新もしてこなかった。首都アクラとテマ港を結ぶ路線はアクラ市内も通過し、市民の重要な足となっていた...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。