ロシアの中距離旅客機MS-21、米国の制裁による複合材料の調達困難で開発に遅れ

露ロステック(国営コングロマリット)のチェメゾフCEOは先頃、傘下のUAC(統一航空機製造会社)が開発する中距離旅客機MS-21について、量産開始を2020年末から1年間延期すると述べた。MS-21は...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。