トランスデブ、長距離バス事業をフリックスバスに売却へ

仏トランスデブ(公共交通機関運営)は4日、長距離バス運営の2子会社の売却に向けて、独同業フリックスバスと独占交渉を開始したと発表した。長距離バス事業から撤退し、公共交通機関の運営受託に事業を集約する。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。