フィリピン政府、デング熱ワクチン問題でサノフィ・パストゥールの責任者を起訴へ

フィリピンの司法省は3月1日、同国でのデング熱ワクチン接種で子供15人が死亡した件に関する調査に関連して、サノフィ・パストゥール(仏製薬大手サノフィのワクチン部門)の責任者6名を起訴すると発表した。同...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。