オラノ、2018年に赤字拡大

仏原子力大手オラノは3月1日、2018年の業績を発表した。最終損益は5億4400万ユーロの純損失となった。赤字幅は前年の2億5200万ユーロから拡大した。ただし、これは、施設解体コストをカバーするため...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。