仏イブリーヌ県の原油パイプラインで漏出事故、トタルの製油所が操業を停止

パリ首都圏のイブリーヌ県内で、2月24日夜から25日にかけて、仏石油大手トタルが保有する原油パイプラインからの漏出事故が発生した。900立方メートルが漏出し、8ヘクタールに及ぶ畑や川などが汚染された。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。