2017年の婚姻統計:前年比で増加

2月26日発表のINSEE統計によると、フランスでは2017年に23万3915組の婚姻が成立した。前年比で1000件増えた。うち、男女間の婚姻は22万6671組、同性間の婚姻は7244組(男性間が3637組、女性間が3607組)となり、前年の7113組から増加した(女性が166組増、男性が35組減)。同性婚は2013年に解禁され、翌年の2014年には1万522件を記録したが、その後は概ね減少傾向にある。
初婚の平均年齢は男性が38.3才、女性が35.8才となった。20年前には、男性が32.9才、女性が30.3才で、平均で5.5才の上昇を記録した。女性の方が年齢が上というケースは全体の23%を占めているが(同じ年齢は12%)、男性が年長というケースが占める割合は、この20年間で大きく変化はしていない。