低金利で国債費の減少が続く見込み、100億ユーロ程度の節減に

仏経済紙レゼコーは2月26日付で、低金利が続く見通しとなったことで、国債費の減少が続き、政府の財政運営にとって好材料になると報じた。
欧州では景気減速が目立ち、インフレ率の上昇の展望も遠のいているこ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。