仏エラメット、ニューカレドニアのニッケル子会社が厳しい状況に

仏資源大手エラメットは2月20日、2018年業績を発表した。売上高は前年比5%増の38億ユーロ。ガボンでのマンガン、セネガルでのミネラルサンドの生産がそれぞれ好調だったことが追い風となった。営業利益は...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。