英国:労働党の下院議員7名が離党、EU離脱を巡るコービン党首の方針に反対

英国の野党「労働党」に所属の下院議員7名が2月18日、党から脱退すると発表した。コービン党首の方針を批判して離党し、下院で「独立派グループ」を結成することを決めた。
7名は労働党内の右派に属する若手...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。