仏下院、ルクセンブルクとの税務協定を批准

仏下院は2月14日、ルクセンブルクとの間で2018年3月に締結された新たな税務協定を批准した。上院ではすでに12月に承認されていた。新協定は特にOECDが主導する「BEPS(税源浸食・利益移転)防止措...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。