炭素課税強化の復活を求める声、マクロン大統領は否定的見解

「黄色蛍光ベスト」の抗議行動を受けて、政府が最初に決めた譲歩の一つが、炭素課税の強化の凍結だったが、この見直しを求める動きが広がっている。13日付の日刊紙ルフィガロは、与党のLREMと中道MODEMな...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。