議決権倍増のフロランジュ法、外国人安定株主の流出を促す

2月12日付の仏経済紙レゼコーは、仏で2014年に施行された通称フロランジュ法(主要措置は2年以上保有の記名株について議決権を2倍にするという制度の導入)に関する調査結果を報じた。米国の大学の3人の研...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。