トタルCEO、イスラエルへの投資に消極的態度を表明

仏石油大手トタルのプヤネCEOは、2月11日付の英フィナンシャルタイムズ紙に対して、「イスラエルへの投資はあまりにも困難だ。我々は複雑な状況へのチャレンジを好むが、それにも限界がある」と発言した。イス...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。