AI利用開発で、仏は欧州の平均以上=マッキンゼー報告書

コンサル大手マッキンゼーがまとめた報告書によると、AI(人工知能)の利用・開発で、仏は、欧州内で平均以上に位置している。報告書によると、トップ集団は、英、スウェーデン、フィンランド、アイルランドで、仏は第二集団に位置している。第二集団には、仏、エストニア、蘭、デンマーク、独、オーストリアが含まれている。報告書では、仏は、AI普及の基盤となる経済のデジタル化では、欧州及び世界レベルで上位にあるが、AI関連のスタートアップの数や競争力では、遅れを取っている。