ドイツ:年金支給額の底上げ構想、連立内に抵抗も

ハイル労相(社民党)は2月3日付の大衆紙ビルト日曜版とのインタビューの中で、年金支給額の底上げ構想を公表した。低賃金での長い就労実績がある人を対象に、支給額の底上げを図るという趣旨。年金保険料の拠出期...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。