過剰債務の救済申請数、2018年も減少

フランス中銀が2月5日に発表した集計結果によると、過剰債務の救済申請(初回申請)を行った人の数は2018年に9万2000人弱となり、6年連続で前年比にて減少した。1990年に救済制度が開始された直後の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。