ドイツの2038年の石炭火力発電脱却目標:ラウジッツ地方の葛藤

独政府が検討作業を委託した特別委員会は先日、現在電源ミックスの35%超を占める石炭火力発電から2038年までに脱却するよう勧告した。これに絡み、2月5日付の仏レゼコー紙は、独有数の炭鉱地帯であるラウジ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。