トゥールーズ国際空港、中国企業が保有株式を売却へ

トゥールーズ・ブラニャック国際空港の49.99%株式を有する中国資本のCasilヨーロッパ社が、保有株式の売却先探しの手続きを開始した。既に10社程度が買収に名乗りを上げたという。
同空港は2015...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。