フラマンビルEPR:EDF、スケジュールと総コスト遵守に向け「できる限りの努力」

仏電力大手EDFは1月31日、フラマンビル原子力発電所(マンシュ県)に建設中のEPR(第3世代加圧水型炉)に関し、「今年第4四半期の燃料装荷というスケジュール、109億ユーロの建設総コスト目標を遵守す...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。