EDFの石炭発電所の転換に関する計画、2019年に仏政府が是非を決定へ

EDF(仏電力)が国内に保有する2ヵ所の石炭火力発電所(コルドメ、ルアーブル)をバイオマス発電所に転換する計画について、政府は1月28日、2019年に決定を下すために必要な準備作業に関して合意した。E...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。