サノフィ、抗てんかん薬の薬害問題で当局からの賠償請求を拒否

仏製薬大手サノフィは1月16日、同社の抗てんかん薬デパケン(主要成分はバルプロ酸ナトリウム)の薬害問題について、仏医療事故賠償局(ONIAM)からの賠償金支払いの請求を拒否すると発表した。サノフィはO...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。