使用者負担の社会保険料減免措置、一定以上の賃金水準では政策効果なし

首相府下の調査機関CAE(経済分析評議会)は15日、使用者負担の社会保険料減免措置の成果に関する評価報告書を公表した。報酬が一定以上になると、減免措置の実施は政策効果の点で正当化されないと指摘する内容...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。